沖縄県八重山地方のよもやま


by yaimauta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
c0007973_22483582.jpg昨日27日は、師匠が来阪されて、特別練習会があった。独唱指導は「小浜節」。今年受験予定の優秀賞の課題曲である。毎日練習している曲でも、師匠の前で唄うとなると、かなり緊張する。「コンクールの審査員より、師匠の前で唄う方が、ずっと緊張する。」と言った人がいたが、今ならその気持ちが良くわかる。練習をサボっていると見抜かれてしまうからである。

約3ヶ月に1回の個人指導だから、「前に言ったところが、直ってないね〜っ。」と指摘されることが一番つらい。次に聞いてもらえるのは、3ヶ月も先なんだから。さらに、今回は月の最初に沖縄で指導を受けているだけに、極端にスパンが短い。かなりヤバイ。

言ってるだけでは解決しないので、朝練に取り組むことにした。べっちーさんにいただいた師匠の音源を毎朝ヘビーローテーション、これがなかなかいいのだ。十二(G#)→一(A)→三(B)→四(C)と徐々に調子が上がっていくので、三味線無しで声出しからはじめて、三まできたところで三味線を付ける(四はもちろん使わない)。べっちーさん、有り難うございますm(_ _)m。

普段の3倍くらい汗をかいて、唄い終わった。師匠の評価は、「発声は良くなってるけど、工工四通りに唄ってしまってる感じがするね。こぢんまりまとまってしまって、小浜節のスケールが出てないよ。」

これって、普通なら、ショボンとする評価なのだが、「工工四通り」と言われて、妙に喜んでしまった。何せ、日頃「師匠の真似をせえへん。勝手に作曲してる。」と言われ続けているからだ(^^;)。

後で師匠に、それをお伝えしたら、「そんな前向きな受け取り方もできるんだね。」と半ば呆れておられた。ともあれ、「直ってないね〜っ。」が無かっただけでも、ホッと胸をなでおろしたのであった(^o^)。
[PR]
# by yaimauta | 2005-02-28 16:44 | やいま唄

崎山節のふるさと

c0007973_13563851.jpgずっと探していた本と、やっとめぐり会えた。1990年発行の沖縄文庫の赤本「崎山節のふるさと」。八重山は西表島の南西部に位置し、すでに廃村になっていて、訪ねることができない崎山村に育った、川平永美という方(当時88歳)が、過去の記憶と記録を整理されたものだ。

「ゆくい頂あすび端(ぱな)登りょーり、」

ゆくい=くつろぎ、頂=いただき、高い場所、あすび=遊ぶ(憩う)端=飛び出した端っこの場所、へ登り、

遠く生まり島の波照間の方角に目を凝らし、故郷の島や残してきた人々のことを思ったという、今はもう多分探し当てることの難しいその場所が示された地図を、この本の中に見つけた。同様に浜辺の方に「野浜淵(ぬばまふつぃ)=ヌバンフツィ」も確認できた。

この唄の、何とももの悲しい旋律と歌詞に惹かれて、唄ってみたいと、思うようになって久しい。しかし、技術とセンスがないのは棚に上げ、旋律をなぞっているだけでは、唄にはなってくれない。
録音して聞いてみても、まるでいけない。情感を込めたつもりでも、その力みは、まるで別のベクトルをつくってしまっているし、さりとて、力みを抜いて唄おうとすれば、さらに、自分の唄に幻滅することになる。

それで、この場所に行ってみたい、そう、思った。それも、かなわぬとすれば、せめて、どんなところであり、どんな生活が営まれていたのか知りたくなったのだ。

「波照間の下八重山のうちから、女子二百(みどぅなむむ)、男子八十(びふなやす)、別離(ばぎ)られ、」

下八重山にある波照間島の住民から、女性二百人、男子八十人が選ばれ送り込まれた、

集められた広場で、ひとりの老婆が即興で唄い出すと、皆が泣き始めたので、困った役人は、特別にその老女を波照間に送り返したという。

話しは逸れるが、自分の思い違いにも気付かされた。女子二百(みどぅなむむ)の「むむ」は本来「百(もも)」の意味である。「二百(ふたむむ)」では、唄いにくいので縮めたということが、記されている。知らない僕は、これまで、「むむ=もも=百人のことです」と説明していた。申し訳有りません。

いつかは、唄えるようになりたい。そう思って、今、この本に取り組んでいる。
[PR]
# by yaimauta | 2005-02-07 22:45 | やいま唄

笛の練習会

c0007973_22463241.jpg八重山の民謡を学ぶからには、是非、笛にも取り組んでみたい。一番最初に覚えたのは「月ぬ美しゃ」だったと記憶しているが、二揚の曲では、特に笛の存在が際だって感じられる。
最初は単純に、その美しい音色に魅せられて手にしてみたのだが、扱う側にまわってみて、軽い気持ちで首を突っ込んだ事を後悔することになった。それ以来、日進月歩にはほど遠く、3歩進んで3歩下がる状態を繰り返している。
同じ民謡を練習する場合でも、唄三味線と違うところは、ひとりでは練習できない、あるいはやりにくいということである。「唄いながら吹けない」からなのだが、そういうこともあって、月に1回の練習会に参加している。
最近、この練習会の人口が増えてきて、活気が出てきたのだが、そうなると、笛の数も増えてくる。実際に合わせてみると、三味線と同じでそれぞれに音色が違う。手作りのシンプルな楽器の良さなのだと思うのだが、ますます、この世界の難しさを考えさせられてしまう。

「八重山民謡やるんだったら、笛も練習すれば、はやく上達するよ、息も長くなるし。」なんて言ったの、誰?
[PR]
# by yaimauta | 2005-01-18 22:43 | やいま唄

どぅんた

明けましておめでとうございます。遅ればせながら、本年もよろしく御願い申し上げます。
八重山出身でもなく、子供の頃から唄っているわけでもないので、発声も発音もデタラメ=自己流である。発音の方は、繰り返しネイティブの音を聴くしかない。
しかし、発声の方は、毎日の積み重ねだと思っている。2〜3日練習をさぼっていると、声が出ないのが、はっきりとわかる。だから、毎日八重山民謡を唄っていたいのだが、これがなかなか難しい。
最近の定番は、与那国の「どぅんた」である。理由は、「三味線を使わない曲である」「メロディーが覚えやすい」「最初低くて、後で繰り返し八まであがる」と、もちろん「好きな唄である」こと。
「三味線を使う」唄は、やっぱり一緒に練習したいし、「メロディーが覚えにくい(難しい)」唄は、工工四やお手本を参照したいし、どこでもというわけにはいかない。一度、運転中に「夏花」を練習していて、前のトラックにぶつかりそうになったことがある。
「最初低くて、後で繰り返し八まであがる」唄だと、唄い終わった頃に、ちょうど他の唄の練習が出来るようになっている。例えば、通勤帰りにやっておくと、帰宅後直ぐに、二揚の曲でも比較的楽に始められる。
「好きな唄である」から毎日唄える。「今日の日のお願いは何ですか?」「命果報をお願いします」「旅果報をお願いします」。「渡り難い」と書いてどなん(渡難)と呼ばれた島の唄だけあって、旅の厳しさが切々と伝わってくる。生っちょろい内容の「旅日記」を書いている自分がちょっと恥ずかしい。
とまあ、僕の場合なので、参考にならないかも知れませんが、皆さんはいつもどんな曲から練習を始めてますか?
[PR]
# by yaimauta | 2005-01-08 17:15 | やいま唄

コンクールの課題曲

民謡コンクールの課題曲が変更になった。と、書いても御存知ない方には、「何のこっちゃ?」と感じられるだろう。でも、知らなくても心配御無用、というか知らない方が、フツーなので、御安心を。
沖縄県民およびその縁故者さらに一部の沖縄病重症患者を含めたとしても、おそらく国民の99%以上の人は、知らないだろうし、知らなくても死ぬまで何の不都合も感じないはず。
僕を含めた(沖縄)県外の大工哲弘先生門下生のうち民謡コンクール受験者は、琉球民謡音楽協会という団体の準会員になっている。その輪の中にいる人々にとっては、しかし、これは大変なことなのである。
特に、八重山部門の新人賞課題曲「つぃんだら節」「千鳥節」が「あがろーざ節」「黒島節」と3曲のうち2曲も変更になっている。突然の変更に関係者、特に受験予定者は、とまどいを隠せないはずだ。実は、僕は「黒島節」は唄えないし、曲もちゃんとは知らない。
通常コンクールは、7月頃に開催されるので、受験者はこれからの約半年の間に、準備をしておかなければならないわけだが、現時点で、うちのサークルの中に、この曲を指導できる人は、おそらくいないんじゃないだろうか?
誰も教えられないんだったら、結局、課題曲の選択肢が1曲狭まることになってしまうので、後輩達のためにも、これから、猛チャージで、覚えなきゃいけないんだろうなっ、て、思っているところである。
でも、受験者諸君(って柄じゃぁないけど)、「黒島節」を覚えたら、黒島に行った時に、島の人に喜ばれること請け合いだし、「あがろーざ節」を覚えたら、将来子守する時に役に立つし、いいチャンスじゃないですか。勉強させてもらって、将来の自分のためにもなるんだから、こんなにいいことはないよーっ。
2年もっと前、僕が、当時の課題曲「つぃんだら節」の唄い方が、あまりにもたくさんありすぎて、悩んでいた時期に、上のようなことを言ってくださった方がいて、随分気持ちが楽になった記憶がある。
県外者の僕たちが、沖縄のしかも八重山の民謡を学んでいること自体、すごいことなんだから、自分のために、できることを精一杯やってみよう。練習を重ねていくうちに、八重山の歴史の事なんかわかってきたりして、唄に対する想いもひょっとしたら、変わってくるかも知れないし。元気、出していこーっ!

もともと、99%の人はコンクールのこと知らないんだし(^^;)
[PR]
# by yaimauta | 2004-12-22 20:38 | やいま唄

弦の音が気になる

家でひとり三味線を弾いていると、自分の出している音がよく聞こえる。
練習会では、周りの音に、同化してしまって、気付かずにやり過ごしてしまっている音も、よく聞こえる。自分で聞いていても、耳障りの悪い雑な音がたくさん混じっている。これでは、三味線を弾いているとは言えない。
アコースティックな楽器だから、もっと、音を大切にしなければならないと、あらためて思う。みんなで練習するのも大切だが、ひとりで復習する時間ももっと大切にしなければならない。
と、思っていたら、先輩のブログにこんな記事が・・・。

ゆがふ〜通信
[PR]
# by yaimauta | 2004-12-22 00:15 | やいま唄

心おだやかでなければ

八重山民謡を練習していて感じること。それは、心がおだやかな状態でなければ、唄えないということ。かりに、無理して唄えたとしても、練習にはならない。怒っていても、嘆き悲しんでいても、焦っていても、心に不安があってもだめだ。妬みや恨みの気持ちとも無縁のものだと思う。
今までに何度かそういうことがあって、振り返ってみて、感じたことである。だから、最近は、できるだけ心をおだやかな状態に、保てるように、努力している、つもりではある(^_^;)
では、八重山民謡を学ぶ者は、永遠に怒り悲しむ事はできないのか。そんなことはない。そんな時は、深呼吸をして客観的に自分を見つめ、静かに怒り悲しめばいい。冷静な感情は時に、激情より強い力を持ち得る。
そして、その線を越えてしまった時には、無理をしないで、練習を、ほんの少しの間だけ休んで、感情を表に出してしまってもかまわないのだから。
[PR]
# by yaimauta | 2004-12-19 19:16 | やいま唄

あとからね〜

先日、石垣から大阪に来ていた青年から教えてもらった島くとぅばが「あとからね〜」。標準語的に考えると、「今日中にもう一回は会(お)う」というような、意味になると思うのだが、八重山では、「また今度ね〜」という意味になるらしい。
だから、昼ご飯を一緒に食べて「じゃ、またあとからね〜」と言われても、その日に連絡があることはない。「あとから」の意味は、本当はまた直ぐにでも会いたいのだけれどもいつになるかわからないが会えるようになったら直ぐに会いましょう」という意味なんだそうだ。
離島ならではの感覚なのか、しかし、僕はこの言葉がとても気に入ってしまっていて、勝手にマイブーム中である。が、いくら真似をしようと思ったところで、島の人間でもなく住んでいる訳でもないので、頭は標準語的、あるいは大阪人的にしか回らない。
だから「あとからね〜」と言ってしまって、どっちの意味で言ったのか自分でもわからなくなってしまうことがある。とここまで書いて、オチが無いことに気が付いた。オチがないと気色悪いと思うのは関西人の特質だろう。

まぁ、テーマがやいまということもあるしオチはゆっくり考えるとしよう。じゃぁ、また、あとからね〜っ(^^)/
[PR]
# by yaimauta | 2004-12-18 14:35 | くとぅば

大先輩です

唄の師匠は、沖縄にいらっしゃる。
だから、しょっちゅう、教えてもらう訳にはいかない。
壁にあたると、ひとり、悩む。
そんな時、相談に乗ってもらえる人がいると言うことは、
とても、心強い。
幸い、多くの人々との出会いに恵まれて、ここまで続けて来れた。
そんなことを、考えていたら、そのうちのひとり、
同門の大先輩のブログにタイムリーな記事を見つけた。

常に先を歩き導いてくれる、偉大なる先輩である。

ゆがふ〜通信
[PR]
# by yaimauta | 2004-12-16 20:01 | やいま唄

リンクできません

なぜかexciteの「だっからよーな日々」、ココログ、ライヴドアもだめです。mac用のblogサーバーに問題があるようです。決して選り好みしている訳ではありません。何せ、自分家の「てぃだぬあがるまでぃん」すらリンクできないのです。ココログに至っては、blogも作れません。
[PR]
# by yaimauta | 2004-12-15 22:21