沖縄県八重山地方のよもやま


by yaimauta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

チューニングメーターをもっと使おう

大阪三線クラブのメンバーは、チューニングメーター(以下チューナー)保持率が高く、ほとんどの方がお持ちだと思います。それで、皆さん三味線の調弦にチューナーをお使いになってると思うのですが、他にも使い道があります。

ひとりで練習している時に「自分の唄の音程が、ちゃんと三味線の音より高くとれているか。」ということを、確認するのにチューナーはとても有効です。

まず、師匠の音源と一緒に唄ってみて、次ぎに、ひとりで唄う、という練習方法をとられている方が多いと思うのですが、この「ひとりで唄う」時に役に立ちます。

実際にやってみると、自信がなかったところの音程がとれていたり、逆に、できてると安心していたところがダメだったりと、針の動きに一喜一憂することになりました(僕の場合)。

これを、繰り返していくうちに、自分の弱点がわかってきて段々と、できてると思ったところができていて、ダメだと思ったところがダメだったと、自分でわかるようになってきます。

是非、一度試してみて下さい。お正月休みの自宅練習にピッタリだと思います。

ところで、どの位高くとるかについての具体的な数値に御興味のある方は、お知らせ下さい。これについては、公開しない方が良いと考えていますので、個別に対応させていただきます。

よろしく御願いいたします。
[PR]
by yaimauta | 2005-12-29 21:58 | やいま唄