沖縄県八重山地方のよもやま


by yaimauta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

民謡の絶対音感2

そう言えば少し前に誰かから聞いた話を思い出しました。西方のある民族音楽の演奏者の言葉なのだそうです。

「最近の若い者はダメだ。シの次の音はドだと思いこんでいる。昔の若者は違った、シとドの間にあるいくつもの音を聞き分けることが出来ていた。西洋の五線譜が、彼らをダメにしてしまったんだ。このままでは、自分たちの伝統芸能もいつまで伝えていけるかわからない。」

これを聞いた時に、実は、かなり悩みました。この話しに出てくる若者はネイティブなのです。地元の若者ですら、修得が困難になってしまったものを、他所のものが学ぶということが本当にできるものなのか(しかも、親が音痴なのに)。

しかし、今回、師匠は、「一緒にやったら唄えるのだから、しっかり練習すればできる。今度来るまでの宿題にしておこう。」と励ましてくださいました。

この言葉をいただいて、次の目標が明確になりました。「師匠のお手本の音源が無くても音程がとれるようになること。」

耳元にデンサー節のように迫ってくる親父の言葉と闘いながら、次の目標に向かって歩んでいきたいと思います。
[PR]
by yaimauta | 2005-11-29 22:37 | やいま唄