沖縄県八重山地方のよもやま


by yaimauta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コンクールの課題曲

民謡コンクールの課題曲が変更になった。と、書いても御存知ない方には、「何のこっちゃ?」と感じられるだろう。でも、知らなくても心配御無用、というか知らない方が、フツーなので、御安心を。
沖縄県民およびその縁故者さらに一部の沖縄病重症患者を含めたとしても、おそらく国民の99%以上の人は、知らないだろうし、知らなくても死ぬまで何の不都合も感じないはず。
僕を含めた(沖縄)県外の大工哲弘先生門下生のうち民謡コンクール受験者は、琉球民謡音楽協会という団体の準会員になっている。その輪の中にいる人々にとっては、しかし、これは大変なことなのである。
特に、八重山部門の新人賞課題曲「つぃんだら節」「千鳥節」が「あがろーざ節」「黒島節」と3曲のうち2曲も変更になっている。突然の変更に関係者、特に受験予定者は、とまどいを隠せないはずだ。実は、僕は「黒島節」は唄えないし、曲もちゃんとは知らない。
通常コンクールは、7月頃に開催されるので、受験者はこれからの約半年の間に、準備をしておかなければならないわけだが、現時点で、うちのサークルの中に、この曲を指導できる人は、おそらくいないんじゃないだろうか?
誰も教えられないんだったら、結局、課題曲の選択肢が1曲狭まることになってしまうので、後輩達のためにも、これから、猛チャージで、覚えなきゃいけないんだろうなっ、て、思っているところである。
でも、受験者諸君(って柄じゃぁないけど)、「黒島節」を覚えたら、黒島に行った時に、島の人に喜ばれること請け合いだし、「あがろーざ節」を覚えたら、将来子守する時に役に立つし、いいチャンスじゃないですか。勉強させてもらって、将来の自分のためにもなるんだから、こんなにいいことはないよーっ。
2年もっと前、僕が、当時の課題曲「つぃんだら節」の唄い方が、あまりにもたくさんありすぎて、悩んでいた時期に、上のようなことを言ってくださった方がいて、随分気持ちが楽になった記憶がある。
県外者の僕たちが、沖縄のしかも八重山の民謡を学んでいること自体、すごいことなんだから、自分のために、できることを精一杯やってみよう。練習を重ねていくうちに、八重山の歴史の事なんかわかってきたりして、唄に対する想いもひょっとしたら、変わってくるかも知れないし。元気、出していこーっ!

もともと、99%の人はコンクールのこと知らないんだし(^^;)
[PR]
by yaimauta | 2004-12-22 20:38 | やいま唄